ネット通販のギフト券

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ギフト券二次会の景品を決める場合、テーマパークのペアチケットや、商品券やビール券などの金券と同じように、ネット通販で使用できるギフト券はとても人気があります。コンビニエンスストアなどに陳列されているカードタイプのギフト券は、オンラインショッピングの大手通販会社で使用できるものや、音楽をダウンロードできるものなど、様々なものがあります。

多くの人が喜ぶようなものが基本となる二次会の景品ですが、インターネットで買い物をする人や、音楽を聴くのはダウンロードが主流であるという人に好評です。特に若い人が多く集まるような二次会の場合におすすめで、普段の生活で今すぐ利用できる良さがあります。カードを直接使うのではなく、カードに記載されているコード番号を入力することで、ギフト券として記載された金額分の料金が無料になります。

ネット通販のギフト券はカードタイプのものですので、荷物にならない状態で持ち帰ることができます。しかし、コンパクトすぎて紛失してしまうという心配も懸念されますので注意しましょう。二次会の景品を決める際には、もらった人が笑顔になれるものや今すぐ使える便利なものがおすすめです。幹事同士で話し合いをする場合は、自分がもらってうれしいものを選んで二次会の景品にしましょう。

商品券などの金券

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

テーマパークのペアチケットと同じように、コンパクトサイズで持ち運びしやすい商品券などの金券も人気です。現金感覚で利用できる商品券は、当たった時の喜びが大きくなるはずです。お小遣いの足しにできますので、欲しかったものを買えるなどのメリットが沢山あります。商品券などの金券の特徴は、使用期限がないことで、いつまででも保管をしていざという時に備えられるでしょう。

商品券商品券は決まった店舗でしか利用できないものもありますが、多くは全国展開するデパートや大型店などで使える便利なものばかりです。普段は購入できない高級なものを買う時に使用するなどしますと、本当に欲しかったものが入手できます。

商品券だけでなくビール券や米券も人気です。商品とは違って、限定した商品にしか活用できないということはありますが、ビールや米など生活に欠かせないものですので、何枚もらってもうれしいでしょう。

テーマパークのペアチケットと同じように、コンパクトですので帰宅時の負担が軽減されます。特に、カバンを持たない人も多い男性の場合は、スーツにある内側の胸ポケットに商品券などの金券を収納できます。手荷物を増やさずに二次会を終了したい人に適した二次会の景品です。

テーマパークチケット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

城
引用元 ≪テーマパークチケット|景品ロイヤル

二次会の景品で盛り上がるものは、より多くの人が欲しいものです。その中でも特におすすめなのは、テーマパークのペアチケットです。カップルから家族連れまで、楽しい休日を過ごせるテーマパークは、ペアチケットがあることによって、費用を削減して出掛けられます。家族連れであっても、大人の分だけでも無料になるということは、子供のチケットだけを購入すれば良いことになります。気になる異性をデートに誘いやすいなど、楽しい時間を過ごせる可能性が広がります。

二次会の景品には様々なものがありますが、テーマパークのペアチケットがあることで、ビンゴ大会などのゲーム自体が一層盛り上がります。幹事の人がテーマパークの場所を決めることになりますが、地方にあるあまり知られていないテーマパークではなく、人気があるテーマパークを選んだ方が参加者に喜ばれます。

幹事のセンスが問われる二次会の景品選びですが、持ち帰る時のことを想定して用意しておくことも大切です。結婚式や歓迎会などの二次会の場合、お酒を飲みながら行うこともあり、自家用車で会場へ来ている人が少なくなります。そのため、できる限りコンパクトな景品の方が、帰宅する際にも安心でしょう。テーマパークチケットですと、二次会が終わった後も荷物の負担がありません。

ポイントとなる景品探し

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚式や歓迎会など、メインイベントの後の二次会は、会場や顔触れが変わることもあり、一次会とはまた違う盛り上がりがあります。そのため、様々な企画やゲームを盛り込んで楽しむことが多いですが、その際に必要不可欠なのが景品です。ビンゴ大会や抽選会など、会場の皆が気持ちを一つにして盛り上がるゲームは、欲しい景品を確実に手に入れたいという欲望が強まるからでしょう。

幹事そのようなイベントに欠かせない景品を選んで用意しておくのは、幹事となる人たちの大切な仕事です。しかし、幅広い世代の人が集まる二次会などの場合、どんなものをどのくらい用意すれば良いのか見当が付きません。しかし、自分がもらう方の立場になることを想定しますと、自然とどんなものを景品として選べばよいのかが見えてきます。二次会の景品は、家族がいる人や子供がいる人にとっては、帰宅時のお土産にもなりますので、幅広くとらえて景品を取り揃えると良いでしょう。

二次会の景品選びは、幹事のセンスが求められますが、決まった予算がある場合などですと、思うような景品を用意できないこともあります。しかし、賢く決まった予算を使いきれるよう工夫をすることは、より良い二次会を開催することにも繋がります。限られた予算があるからこそ、豪華なものと低価格のものでバランスを取るのが決まった金額内で買い物を済ませるコツです。二次会の景品選びは、幹事だけの意見ではなく、周囲の人にも相談をしますと、視野を広げた選択ができます。まずは、定番のテーマパークのチケットからご紹介していこうと思います。